1/25 定年おやじが元気になる会主催 「高齢化は不幸ではない」

古川さんのお話をきっかけに、参加者自己紹介を兼ね、リタイア後の楽しみについて話しました。

参加者の方々の意外なお話も聞くことができ、楽しい時間でした。

焼酎の味比べも。こんないろいろな味が楽しめるのも、大人数ならではですね。

〈練馬区福祉のまちづくりパートナーシップ区民活動活動支援事業助成事業〉

●●定年おやじが元気になる会主催●●

誰も逃げられない高齢化。個人個人にとって、いい年をとれるかどうか、実はそれが課題です。肩の力を抜いて、遊びの精神に徹することは、いい年を取ることに通じます。

一方、日本中で、マンション住民の高齢化が進んでいます。放置すると”無縁社会”になってしまう危険があり、行き着く先は地域の崩壊につながります。

 年齢に関係なく、崩壊だけは食い止めたい。大きな災害があったときに、この地域に住んでいてよかったと実感するために何が出来るか。

 こうしたら老後が楽しくなりますという、百点満点の教科書はありません。自分で工夫するしかありません。好奇心と、野次馬精神に徹して、知恵を働かせれば多様な方法があるように思います。

 道草を食いながら歩いてきた私の遊びの人生を披露して、老後の楽しみ方を一緒に考えたいと思います。

1月25日(金)19:00~21:00

参加費2,000円(資料代500円、懇親会費1,500円)

講師:古川節彌氏

 

 〈講師紹介〉

古川節彌

1935年生れ。早稲田大学卒業、1960年NHK入社。

社会部記者、編集部記者として活動。1990年55歳でNHK退社。都市・住宅問題の専門家。 

〈講座お申込み〉電話(03-6904-3275)か下記フォームにてお申込みください

メモ: * は入力必須項目です