8/31 住み慣れた家で死ぬということ~ターミナルケア~

自分の死を考えたことがあるでしょうか。

今、病院から在宅へと、終末期の過ごし方を捉えなおそうという流れがあります。

亡くなっていく人と心を合わせ、出来るだけのことをしたいということが、家族を含めケアスタッフ皆の願でしょう。

終末期における心身の心や身体の変化を理解し、その方に寄り添い、家族しかできないケア、ケアスタッフだからできるケアを学びます。

8/31 14:00~16:00 参加費500円

講師;西留美子氏(共立女子大学看護学部)

 

本講座は、歳末たすけあい基金を財源とした社会福祉協議会の助成を得て開催する連続10回講座です。